var ID="100488370"; var AD=0;
スタディーX

全問題 スタディーX

2007年11月21日

青森県 高校入試問題 数学 07

青森県の2007年度の問題は昨年度の問題に比べて、少しやさしくなった印象です。

このレベルであれば教科書をしっかり学習しておけば点数が取れます。


やはり、4,5の問題で差がつくでしょう。

4の(3)の問題は整理して考えないと正解にたどり着けません。

5の規則性の問題は面白かったです。
こういうふうな法則があるのですねえ。
一見問題が複雑ですが、落ち着いて問題文が理解できれば(1)、(2)は普通に解けます。
(3)はちょっとやっかいですね。


青森県 高校入試問題 数学 2007年度(PDF)

解答





難しい問題は解説を用意しました。
よろしければご利用ください。

青森県 高校入試問題 解説 第1問(5) 平方根

青森県 高校入試問題 解説 第1問(6) 円周角

青森県 高校入試問題 解説 第3問 相似比の利用

青森県 高校入試問題 解説 第4問 放物線と図形

青森県 高校入試問題 解説 第6問 規則性の問題




2007年11月12日

北海道 高校入試問題 数学 07

北海道の問題は比較的易しく、難易度のバランスも良いです。

3の問3の問題は、ちょっとやっかいです。
角度がひとつも示されていないのに、角度を求めろという問題ですから、
90度か60度か45度か30度かな、と予想できれば楽になります。


北海道 高校入試問題 数学 2007年度(PDF)

解答

追記:
難しい問題については解説を書きました。
参考にしていただければ幸いです。

北海道高校入試 数学 解説 第1問、問7

北海道高校入試 数学 解説 第2問、問1

北海道高校入試 数学 解説 第3問、問3

北海道高校入試 数学 解説 第5問、問2

北海道高校入試 数学 解説 第5問、問3

2007年03月15日

鳥取県 高校入試問題 数学 06

2006年の鳥取県の問題はとても難しかったです。
これを50分で解くのは大変です。

平均点はものすごく低いはずです。
この問題をすらすら解ける子はいるのだろうか。
・・・いますねきっと。

私の中では、宮城県、愛知県の問題に次ぐ問題です。
鳥取県の問題はこれから注意して見よう。

作図と6の問題がおもしろかったです。

鳥取県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)


2007年02月15日

和歌山県 高校入試問題 数学 06

2006年の和歌山県の問題は複雑そうに見えて、実はやさしい問題、という印象です。
特に難問はありませんでした。

3の規則性の問題は、良い勉強になるのではないかと思います。
規則性の問題の考え方の例として、授業で使いたいな、と思いました。

和歌山県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)


2007年02月02日

奈良県 高校入試問題 数学 06

奈良県 高校入試問題 数学 06

2006年の奈良県の問題はおもしろい問題が多かったです。

しかし、ちょっと難問に傾いていて、平均点は低くいのではないかと予想します。

個人的には4と5の問題がおもしろかったです。
なるほどねえ、と思いました。


奈良県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2007年01月31日

兵庫県 高校入試問題 数学 06

2006年の兵庫県の問題は個性的な感じがしました。

4の確率の問題の意図が分かりませんが(面倒くさいだけ?)、
5はわたしの好みの問題です。
グラフを読み取る問題。

7のBも入試問題にあまりないタイプで、解いていておもしろいです。


兵庫県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2007年01月26日

大阪府 高校入試問題 数学 06

2006年の大阪府の問題は問題文を読むのが面倒くさく感じられるものが多かったように思います。
(何でこんなに読みづらいんだろう?と考えてしまいました。)

しかし、いったん理解してしまえば、それほど難しくはありませんね。


大阪府 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年12月06日

京都府 高校入試問題 数学 06

2006年の京都府の問題はいい問題だなあ、と思いました。

基本の計算問題が少ないので、数学が苦手な生徒にとっては厳しい問題だったと思いますが、
長野県の入試問題と同様、いい問題が多かったです。

わたしが考えるいい問題とは、
・計算が複雑になりすぎない問題
・(パターンに当てはめるタイプの問題でなく)ちょっと考える必要がある問題
ですが、京都の問題の多くはまさにそれでした。

これは、塾の授業でも問題をバラにして使えると思います。

過去の問題も調べてみます。
平成18年度 公立高校入試問題と解答に京都府の問題がのっています。

過去の問題は
京都府・滋賀県公立高校入試問題と解答 平成18年・平成17年・平成16年・平成15年・平成14年・平成13年・平成12年
にあるようです。


京都府 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)


2006年12月05日

滋賀県 高校入試問題 数学 06

2006年の滋賀県の問題はひねりのきいた問題が多かったですね。

問題数が少ないので、一つ一つの問題を丁寧に読んで、基本問題は確実に解きたいです。

ひねりのきいた問題は後回しがいいでしょう。

個人的には滋賀県の問題は好みです。
面白いと思った問題は1の(5)と2の時計の問題。


滋賀県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)


2006年12月01日

三重県 高校入試問題 数学 06

2006年の三重県の問題は基本的な問題が多く出題されていました。
これなら、数学が苦手な生徒も、頑張っただけ点数になります。
(配点にもよりますが。)

大問の4に個人的にひっかかりました。

場合に分けて考えるのがどうも面倒くさくて、
いらいらしてきてしまいます。
確率の問題は、速く解こうとせずに、
たっぷり時間をとってじっくり考えるのが
いいですね。


三重県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)


2006年11月29日

愛知県 Bグループ高校入試問題 数学 06

2006年の愛知県Bグループの問題も、Aグループの問題と同様にひねりがきいています。
Bグループの問題のほうが難しい問題が多かったです。
そのぶん、やさしい問題も増えていますが。

3の(5)の問題は1時間考えた末、ギブアップしました。
正答を見て、解き方が分かりましたが、
こんな解き方でいいのか?
もうちょっと中学生でも分かるシンプルなあっと驚く解法があるような気がするのですが、
思いつきません。

誰か教えてください。
(三角比を使うのはなしね。)

愛知県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

こちらにも問題があります。愛知県の公式サイトです。

2006年11月28日

愛知県 Aグループ高校入試問題 数学 06

2006年の愛知県Aグループの問題は、素直な問題もいくつかありますが、
ひねりのきいた問題が多いですね。
問題を解くために「ひらめき」が必要です。

解き方が分かると、今はやりの(もうはやってない?)「アハ!体験」がやってきます。

数学が得意なクラスなどで、
1問1問をバラにして、
早く解けたもん勝ちの競争をすると面白そうです。


反対に、数学が苦手な生徒にとってはすごく厄介ですね。
基本の計算をしっかりやることは当然として、
生徒にとって「ひらめく」ということがうれしい体験とになるように、
指導の工夫が必要だと思います。


愛知県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

こちらにも問題があります。愛知県の公式サイトです。

2006年11月27日

静岡県 高校入試問題 数学 06

2006年の静岡県の問題は、すごく難易度の高い問題というのはありませんでした。
しかし、連立方程式、関数の問題、証明問題など、
記述しなければならない問題に時間を食いそうです。
時間配分をしっかりしたいです。

数学が苦手な子にとっては、静岡県の問題は厄介かもしれませんね。
やり方を覚えていればできる問題は少ないですから。

考え方を理解するような勉強にするべきです。

静岡県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月25日

岐阜県 高校入試問題 数学 06

2006年の岐阜県の問題は、全国的な入試の難易度からすると、
やさしく、素直な問題が多かったと思います。

そのかわり、計算問題が少ないですね。
その単元もある程度のレベルまで習熟しておく必要があります。

岐阜県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)


高校入試,問題,岐阜県,中学,高校受験,数学,学習

長野県 高校入試問題 数学 06

2006年の長野県の問題は、毎年のことながら、非常にユニークな問題が多数出題されていました。

入試問題のパターンというのはだいたい決まっているものですが、
長野県の入試はひとひねり加えてきます。
ぱっと見て解法のアイデアがすぐに浮かんで来ません。

ああ、そういうことか、と分かったとき、
ちゃんとうれしさを感じます。

かといって、計算が複雑になったりしないところもすばらしいと思います。

とくに、入試の問題パターンを知り尽くした塾講師の皆さんを楽しませてくれるのではないでしょうか。

生徒が長野県入試に対応するには、解法暗記型の勉強ではなく、
理解型の勉強をするべきだと思います。

練習の段階で、じっくり時間をかけて、解き方を考えてみること。
これが大事だと思います。


長野県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月24日

山梨県 高校入試問題 数学 06

2006年の山梨県の問題は、基本から応用までバランスよく出題されていたと思います。

後ろのほうの問題でも、比較的やさしい問題がありますから、
数学が苦手な人でもあきらめずに最後まで読んで問題にチャレンジしてみることです。
何点かアップするでしょう。

文字の式を見て意味を考え、塗りつぶす問題は面白いと思いました。
式の意味を考えさせる問題として、いいです。
今後の問題作りの参考にしたいです。

大問の4も面白かったです。
内部の点と通る点と面積の間に関係があるとはねえ。


山梨県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月23日

福井県 高校入試問題 数学 06

2006年の福井県の問題は、基本から応用までバランスよく出題されていたと思います。
4、5の問題は上級の問題で、計算も少し煩雑になっています。
あせらずじっくり解いて欲しいと思います。

個人的には5の問題が楽しめました。


福井県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)


2006年11月22日

石川県 高校入試問題 数学 06

2006年の石川県の問題は、中級、上級の問題がおおく、難易度が高めだと思いました。

大問の6、7は面白い問題だと思いました。


石川県の数学は、途中の計算も書かなくてはいけない問題があります。
これでけっこうなが時間がかかりそうです。

論理的な思考を養う、という意味ではいいことだとおもいますが、
高校入試でこれをさせるのはちょっとかわいそうだと思います。

しかも、途中の計算はどの程度論理的に書くべきなのかあいまいです。
しっかり根拠を示して途中の計算を書くとなると、かなりの時間を費やすことになりますが・・・。


石川県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月21日

富山県 高校入試問題 数学 06

2006年の富山県の問題は、基本問題から上級問題まで幅広く出題されていました。
生徒間で差がつく問題だと思います。

大問の4、5、6の最後の問題がすらすら解ける生徒はなかなかいないでしょう。
これが、難なく解けるレベルになると、数学で差をつけることができます。

ちなみに、わたしは6の(3)の問題は20分くらい悩みました。
試験本番ではこんなに悩むことはできないでしょうから、
多くの生徒にとっては、「できなくていい」と割り切るべき問題だと思います。
いわゆる「捨てる問題」です。
これを考えるくらいだったら、ほかの分かりそうな問題に時間を割くべきです。


富山県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月20日

新潟県 高校入試問題 数学 06

2006年の新潟県の問題は、比較的やさしい問題だったと思います。
特別難しい問題は出題されていませんでした。

落ち着いて、ミスなく解くことが大事になるテストです。


新潟県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)


2006年11月19日

神奈川県 高校入試問題 数学 06

2006年の神奈川県の問題は、特に難しいといった問題が出題されていませんでした。

数学が得意な人たちであまり差がつかないテストだったと思います。

反対に、標準的な問題が多いので、平均点レベルの生徒たちに差がつく問題だったのではないでしょうか。

勉強すれば、点数が伸びやすいテストです。


神奈川県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月18日

東京都 高校入試問題 数学 06

2006年の東京都の問題は、やや標準、応用問題が大目でしょうか。

しかし、ひねってある問題はありませんので、
素直に解ければ大丈夫です。

個人的に面白いと思った問題は、4の(2)の問題。
恥ずかしながら、解き方が分からずに15分くらい考えてしまいました。
分かってしまえば簡単なのですけどねぇ。

東京都 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

※東京都は入試問題を全教科公開しています。平成18年度都立高等学校学力検査問題及び正答に掲載されています。

2006年11月17日

千葉県 高校入試問題 数学 06

2006年の千葉県の問題は、素直な問題が多いと思いました。

数学の基礎的な知識が身についていれば、解ける問題が中心です。
ひねくれた問題もありませんでした。

面白いなと思ったのは、5の(2)の問題ですかね。
こういうのは教科書に載ってないので、
どうやっていいかさっぱり分からないという人がいるかもしれません。

ヒントをもとに、分かることを少しずつ広げていく感覚がたまりません。


千葉県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)


2006年11月16日

埼玉県 高校入試問題 数学 06

2006年の埼玉県の問題は、ひねりがきいていますね。
よくある問題ではないので、一瞬あれ?と思うけれど、
すこし考えてみると解法が思い浮かぶ
というような問題がたくさんありました。
個人的には解いていて非常に面白かったです。

しかしながら、数学が苦手な生徒にとっては、ちょっとやっかいですね。
問題のやり方を暗記してしまう、といったやり方では短期間では太刀打ちできないと思います。

普段の勉強で、
途中の計算をなぜそうなるのかの理由を考えながら、
丁寧に理解していくのがよいでしょう。


入試本番では
「ああ、この問題も、この問題も分からない!」となってしまう可能性もあります。
パニックにならないようにしたいです。


平均点はそれほど高くないはずです。
方針としては、計算問題をミスなくしっかりやる。ここがスタートライン。
あとは、比較的やさしいと思われる問題や自分が得意な問題を一つ一つ解いていく、
というのがいいと思います。

埼玉県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

埼玉県立総合教育センター:入試情報に、中学生向けの問題解説があります。こういうのがあると、非常に参考になりますね。教えるものにとってもありがたいです。

2006年11月15日

群馬県 高校入試問題 数学 06

2006年の群馬県の問題は、難易度のバランスがよいと感じました。

2の(5)の△量簑蠅呂舛腓辰伴蠅瓦錣いも。
不等号の種類と使いかを知っていればなんてことのない問題なのですが、
最近は使い方にこだわった出題がないため、塾でも指導していません。
別に教えてもいいのですが、ほかにやりたい問題がたくさんありますから・・・。

同じような先生も多いのではないでしょうか。

あとは6(2)△脇颪靴ったです。
これはなかなか解けないだろうなあ。


群馬県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

高校入試,問題,群馬県,中学,高校受験,数学,学習

2006年11月14日

栃木県 高校入試問題 数学 06

2006年の栃木県の問題は、問題の量が多いと感じました。
数学が得意な人でもこれを50分でやるのは正直言ってつらいと思います。
100点狙っていくと、時間が足りなくて苦しむことになりかねませんから注意が必要です。

難しくて解けなさそうな問題は、あえて飛ばす。
あせって、簡単な問題まで落としてしまうことのないように、
この割りきりが肝心だと思います。

数学が苦手な人も計算問題、基本問題をしっかりやることで、点数が取れるようになっています。


栃木県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月13日

茨城県 高校入試問題 数学 06

2006年の茨城県の問題は、基本から応用問題までバランスよく出題されていると思いました。

数学が苦手な人は、計算問題をしっかりやる。

数学が得意な人は、100点を狙っていってもいいかもしれません。
特に「これはちょっと解けないだろうなあ・・・。」という問題がありません。

面白いなと思った問題は、3の(1)。
10a+bと10b+a+1がそれぞれ何を意味するのかが分からないと、ちょっと解くのがつらいだろうと思いました。

8の(2)は難しいですが、すらりと解ける中学生はけっこういますから、
数学が得意な生徒にはぜひともそのレベルまでいって欲しいと思います。


茨城県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月12日

福島県 高校入試問題 数学 06

2006年の福島県の問題は、基本から応用問題までバランスよく出題されていると思いました。

いくつか難問も含まれています。これに時間をかけすぎると他の簡単な問題を解く時間がなくなってしまいますから、注意が必要です。

難問とは具体的には3の(3)や6の(2)などです。

わたしのやり方では計算や考え方が複雑なので、
もう少し簡単な解法ないものかと考え中です。


福島県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月11日

山形県 高校入試問題 数学 06

2006年の山形県の問題は、とてもやさしかったと思います。
宮城県、秋田県の問題のような「超難問」と言うものはありませんでした。

こういうテストでは、ケアレスミスが合否を分けたりしますので、
基本的な計算を確実にやることが重要になるでしょう。


個人的には4の2の(2)の問題がなるほどと思いました。
4の1が誘導問題になっているのですが、
そうでなければ、かなり悩むはずです。


山形県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月10日

秋田県 高校入試問題 数学 06

2006年の秋田県の問題は、問題量がとても多いです。
最初から順々に、とやっていると、時間がなくなってしまう可能性がありますから、
難しい問題を後回しにするなどの工夫が必要です。

5の(3)が非常に難しいと感じました。
秋田県の何人の中学生が解けたんでしょうか。

秋田県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月09日

宮城県 高校入試問題 数学 06

2006年度の宮城県の数学は昨年に引き続き、非常に難しくなっています。
算数的な思考も必要とされるように思います。

宮城県のほかの教科の問題は見ていませんが、
数学で大きく差がつくのは間違いなさそうです。

宮城県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月08日

岩手県 高校入試問題 数学 06

岩手県の2006年の問題は量が多いですね。
これを50分で解くのはけっこう大変でしょう。最初から順番に解いていると、時間がなくなってしまうこともあると思います。分かりそうな問題から順に手をつけていくのがいいと思います。

難易度としては、基本問題から応用問題までバランスよく出題されています。

岩手県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月07日

青森県 高校入試問題 数学 06

青森県の2006年度の問題は、基本問題が少なく、応用問題が多かったようです。
こういうテストは、数学が苦手な生徒にとっては厳しいですね。
基本問題でしっかり点数をとり、得意な分野(相似や二次関数(y=ax2)など)を増やしていくといいと思います。

数学がそこそこできる生徒たちの間で差がつきます。

数学が得意だ、と言う人は満点を目指せますね。(4と5がすらすらできれば文句ありませんね。)

青森県 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年11月06日

北海道 高校入試問題 数学 06

北海道の問題は非常にやさしい問題と難しい問題がバランスよく出題されてますね。
生徒の実力に合わせて、差がつきやすいのではないかと思います。
生徒にとっては勉強すれば、した分だけちゃんと成績が伸びていくような、
そんなテストだと思います。

個人的には5の問3の問題が面白かったです。
この手の問題はよくありますが、なるほどこれだけのヒントで答えが導けるのかと、と毎回感心しています。

北海道 高校入試問題 数学 2006年度(PDF)

2006年10月26日

茨城県 高校入試問題 数学 05

2005年の茨城県の問題は、問題の量が多いですね。これを50分で解くとなると、ちょっときついかもしれません。基本問題をどれだけ早く解いて、応用問題に時間を避けるかがポイントでしょうか。

応用問題といっても、入試のよく出るタイプの問題が中心です。
高校受験対策としては、この手の入試によく出る問題に多く当たって、パターンをつかんでおくといいと思います。

茨城県 高校入試問題 数学 2005年度(PDF)

2006年09月08日

05福島県 数学 高校入試問題


数学 高校入試問題 05福島県(PDF)

福島県の問題は、基本問題から応用問題までバランスよく出題されていると感じました。
いい問題でした。


数学 高校入試問題 05福島県(PDF)

2006年08月17日

05山形県 数学 高校入試問題


数学 入試問題 05 山形県(PDF)

2005年の山形県の問題は特に難しい問題もなく、素直な問題中心の出題でした。

教科書を中心にしっかり勉強を進めていくことで十分に対応できる問題ですね。

反面、数学が得意な生徒には物足りないかもしれません。

数学 入試問題 05 山形県(PDF)

2006年06月28日

05秋田県 数学 高校入試問題

05秋田県 数学 高校入試問題


数学 入試問題 05 秋田県(PDF)

秋田県の問題はなんだか疲れますね。

問題自体はそれほど難しくないのですが、問題文を理解するのに骨が折れます。

個人的に面白いなあと思った問題は、6の?の問題です。
一見複雑そうに見えて、実はちゃんと規則が存在しているところがすごいと思います。


数学 入試問題 05 秋田県(PDF)

2006年06月15日

05宮城県 数学 高校入試問題


数学 入試問題 05 宮城県(PDF)

宮城県の問題は非常に難易度が高いですね。

基本問題の数が少ないように感じました。
これでは、数学が苦手な生徒はほとんど点数が取れないでしょう。

もうちょっと、基本問題が多くてもいいかなぁという気がします。

数学が得意な生徒にとってはやりがいのある問題ですね。

数学 入試問題 05 宮城県(PDF)

2006年05月23日

05 岩手県 高校入試問題


数学 入試問題 05 岩手県(PDF)

基本問題が比較的多いようです。

一番最後の問題には引っかかってしまいました。
先生のくせに、いけませんね。

数学 入試問題 05 岩手県(PDF)

2006年05月10日

05青森県 数学 高校入試問題


数学 入試問題 05 青森県(PDF)

青森県の入試問題は、難しい問題がいくつか出ますね。
4、5あたりが難しいと思います。

ただ、基本問題も数多く出題されているので、教科書レベルの問題がしっかり解ければ、70点前後は取れると思います。


数学 入試問題 05 青森県(PDF)